山陰沖の歌の語り(66)

第7章、歌の分化

 第12節、城下町の歌
 戦国時代、毛利氏と尼子氏との間で、山陰沖の、海の覇権をめぐる争いがあった。これに勝利した毛利氏は、尼子方に付いていた隠岐佐々木氏を滅亡させ、新たな隠岐の支配者となった。山陰を支配する吉川元春は、この地に代官を派遣し、隠岐政治を執り行った。島後の西郷は、港町としての経済的繁栄もさることながら、隠岐政治の中心として、以後いよいよ都市化を進行させていく。そのような折の、城をめぐる唄(隠岐の盆踊唄)を、以下に幾つか示しておく。

        隠岐盆踊唄

   やれ 我が殿よ 城へ招くが 我が殿よ      

   我が殿よ 城の番だやら 城の番所の 我が殿よ  

   殿御の 城番だやら 城の太鼓の 音(ね)の良さよ

   音(ね)のする 城の音のする 聞けば 殿御の 声もする 

 

 だが毛利氏の隠岐支配も、そう長くは続かなかった。関ケ原の合戦は、西軍に属した毛利氏を、防長二国に押し込めてしまったからである。隠岐は以後、天領として、幕府の直接の監視下に置かれていく。
 新たに発足した徳川幕府は、この海上交通の権益を、自らの意のままに管理したかった。それゆえ、その意図する商品流通、経済政策の下に、やがて川村瑞賢による西廻り海運航路の整備がなされていく。
 いよいよ近世の幕開けである。近世の民衆に支持された近世の唄が、やがて展開する。だがその前に、唄の一方の担い手であった宗教者たちについて、彼らが担った唄の展開を、しばし遡って見ていくことにする。近世の唄は、この宗教者たちの唄も、その基盤に置くからである。

山陰沖の歌の語り(65)

第7章、歌の分化

 第11節、芸能と宗教と商業の分化

 中世後期、水陸の交通が盛んとなり、技術革新は進み、貨幣流通も急速に拡大した。経済の集中と共に、都市の発展が起こってきた。社会的分業と市場の新たな展開が、各地の拠点都市で始まっていく。その統合の象徴こそが戦国大名の存在である。大名領国制から、その展開の先に、近世封建社会の確立が成る。

 古来、芸能と宗教と商業は、密接にして不可分のものであった。だが芸能者は芸能者に、宗教者は宗教者に、商人は商人に、と分化し、その職掌は固定化専門化を遂げていく。それは太閤検地、刀狩りを経て、兵農分離していった時代、社会階層の固定化、すなわち近世的秩序の形成と、軌を一にするものであった。というより、この分化こそが近世社会を形成する基盤であった。山陰沖の社会も、この社会変革の流れの中にある。

 隠岐佐々木氏は、島後の西郷湾を見下ろす国府尾(こうのお)の台地に城を築き、隠岐一円を支配していた。島後の西郷は、その膝下の城下町となり、海運の発展により、すでに近世都市型の繁栄に入っていた。

   ここのお城の 水神に 船が三艘 走り込む
   先(さき)行くお船の 積み物は 綾や錦を 積んで来た
   中(なか)来るお船の 積み物は 米の千俵も 積んで来た
   後(あと)来るお船の 積み物は 金を万両も 積んで来た
   金比羅さんの導きで 恵比寿さんの船方で 大黒さんのお船頭で
   エンヤラ ヤラコラ ストトコ ドスコイ 走り込む ヨー
                    (隠岐 相撲取唄)

  

山陰沖の歌の語り(65)

第7章、歌の分化
 第11節、隠岐舟歌

      さらさらと 宇龍(うりゅう)岬を乗り越えて
      鷺の明神 ありがたや
      かま鼻嵐を 帆に受けて
      加賀の潜戸(くけど)や 稲荷さま
      雨も降らぬに 笠の浦
      曇りもせぬに 雲津(くもつ)浦
      関の明神 伏し拝み
      遙か東を 眺むれば
      大山(だいせん)お山に 雲巻いて
      春の景色や ありがたい
      こうして ひと梶 賀露(かろ)の浜に
      居組(いぐみ)綱掛け ありがたい
      酒や肴は 諸磯(もろいそ)よ
      津山の巌(いわお)を 帆に受けて
      経ヶ岬を 乗り越えて
      若狭小浜(おばま)に 乗り納め
      めでたいな 五葉(ごよう)の松
      枝も栄ゆる 葉も繁る
                   隠岐舟歌隠岐国 知夫里)

 海の交流は、福を招くと、港湾の市の広庭で、歓喜の歌舞祭宴が繰り広げられていた。その折に歌われていた歌の一つである。

山陰沖の歌の語り(64)

第7章、歌の分化
 第10節、隠岐の皆一踊り

 隠岐の「皆一踊り」は、若狭の「豊年踊り」と同じく「皆一様にお並び」と歌い始める。円く輪になって並び、踊太鼓(鼕)に拍子を合わせる。扇子を持って、皆一様にと踊り始める。
      イヨー 
      皆一様に お並びなされ 皆一様に お並びなされ
      踊り手振りを お目に掛けよう 踊り手振りを お目に掛けよう
      若狭に上れば 津山が見える 若狭に上れば 津山が見える
      三国一の梶を取る 三国一の梶を取る
      イヨー 三国一の梶を取る 梶を取る
      梶を取るとも 乗せ遣(や)るまいぞ
      大事な人の 小娘を 大事な人の 小娘を
      さよう心得 梶を取る
      大事な人の 小娘なれど 大事な人の 小娘なれど
      忍婦(しのぶ)になれば 面白や
      イヨー 面白や
      荘司の国の 御楽園の寺は 荘司の国の 御楽園の寺は
      東向きの寺なれど 東向きの寺なれど
      イヨー 福の参るは 数知れず 福の参るは 数知れず
                       皆一踊り(隠岐国 知夫里)


 これは賑わう市の踊りで、やはり商いの踊りである。知夫里の港、その港湾の神「一宮神社」の境内において、この歌と踊りは奉納された。

山陰沖の歌の語り(63)

第7章、歌の分化

 第9節、皆一の踊り


   皆一様に お並びやれ 皆一様に お並びやれ
   若狭の浜より 船に乗り 越前岬に 仕えたり
            商い踊りを ひと踊り
   越前岬も 押し出して 加賀の港に 仕えたり
            商い踊りを ひと踊り ひと踊り
   加賀の港を 押し出して 寺家(じかん)の市へと 仕えたり
            商い踊りを ひと踊り ひと踊り
   寺家の市も 押し出して 夷(えびす)が島へと 仕えたり
            商い踊りを ひと踊り ひと踊り
   夷が島では 夷殿と 商い元では 何々と
   唐(から)の衣や 唐糸(からいと)や
   沈香(じん)や麝香(じゃこう)や 鷹(たか)の羽(は)や
            商い踊りを ひと踊り
   万(よろず)の商い 仕廻りて いざ戻ろうよ 我が国へ
            商い踊りは 是(これ)まで揃う 是まで揃う
                      豊年踊り(若狭国内浦、山中踊り) 

 

 若狭から東へ向かえば、越前岬、そして加賀、寺家(じげ)のある能登へと達する。さらにその先は、遙かな蝦夷の島である。若狭から西ならば、丹後の経ヶ岬を越え、因幡の賀露(かろ)の浜へ、大山を望む山陰沖へと向かう。隠岐は直ぐそこにある。海の商人たちは、日本海を東に西に、大いに駆け巡っていた。

山陰沖の歌の語り(62)

第7章、歌の分化

 第8節、廻国の商人

     面白いは 京下りの商人 
     千駄櫃(せんだびつ)担うて 連れは三人なり
     千駄櫃には 多くの宝が候よ
     宝負ひては 京(きょう)こそ殿が下りた
     都下りに 思いも寄らぬ手土産(てみやげ)

     商人を恋ゆるか 千駄櫃を恋ゆるか
     千駄櫃の中の 花紫(はなむらさき)を恋ゆるよ
     櫃の中なる 芭蕉の紋の帷子(かたびら)
     迷うた花紫の色には 着せいで糸縒(いとよ)り掛けの帷子
                            (田植草紙)

 

 商人が厨子や千駄櫃の中から取り出す、色鮮やかな小物や飾りや帷子は、村の娘たちの垂涎の的であった。彼ら廻国の商人たちは、その商いの品を如何に美しく見せるか、自ら工夫を凝らしていた。豊かな芸能を披露し、煌びやかに飾り、様々な所作の中から品物を取り出し、示し、衆の購買意欲を掻き立てるのである。彼らは 街道を辿り、港湾を渡り継ぎ、遙かな隠岐の地にも、また商品を持ち込んでいた。

山陰沖の歌の語り(61)

第7章、歌の分化

 第7節、商いの踊り

  琵琶湖水運の要、その大津を掌握する日吉神人たちは、ここに集積する日吉社・叡山の荘園物産を取り扱っていた。つまり運輸、貯蔵、移送、そして販売へ至る諸業務である。琵琶湖水系での彼らの活躍は、さらに発展を遂げ、日本海水系への進出を果たす。その海路交流の流通業掌握の中で、いつしか山陰沖の海への往来もあった。彼らによって、物資交流と共に、近江国由来の諸芸能・諸神事が往来した。全国に広がる日吉社の勧請、その神事祭儀の普及とは、宗教者と芸能者と流通業者の、未だ分化されない時代の背景の中で成立した。
 聖なる宗教的庭場において、神仏を前に諸芸能が演じられた。隠岐に残る風流田楽舞「十方拝礼(しゅうはいら)」や、大地の踏み鎮め神事「神の相撲」や、東遊(あずまあそび)の駿河舞「庭の舞」とは、物資交流の市庭で披露された、その諸芸能の一つだった。それは京や近江から、琵琶湖水系を越え、日本海の港々を繋ぐ商いの結果、隠岐に伝わったものである。

         

   明日は吉日 下(しも)くだろ
       思う夜妻の 暇(いとま)乞い
              商い踊りを ひと踊り
   ここは寺かよ 竹障子(たけしょうじ)
       出会いて 何しょにゃ よい障子
              商い踊りを ひと踊り
   見事(みごと)商い し済まして
       国へ戻りて 語るべし
              商い踊りを ひと踊り
                    商い踊り(鹿持雅澄「巷謡編」)

 

 念仏踊りも、山伏踊りも、商い踊りも、市で繰り広げられた諸芸能の一つである。廻国の聖たちは、宗教と情報と物品と芸能を、市庭に持ち込む商人であった。