山陰沖の歌の語り(60)

第7章、歌の分化

 第6節、市庭の芸能

 寺社の庭では、諸芸能が披露され、神仏に捧げられるための諸物産が運び込まれていた。そこは物品交換の場である。歌舞音曲の中で、沸き立つ思いに購買意欲はそそられる。斎(いつき)の庭場は、市の庭場へ、市の聖(ひじり)は市の商人へと、その昔、混合融合していた。

        
    我が親が 我が親が 仏に成るとは 夢にも知らず
    南無阿弥陀仏 弥陀 南無阿弥陀仏 念仏踊りを 踊ろよ

    我が親が 我が親が 故郷この世に 在ると言わば 墨の衣に 墨の差し傘
    南無阿弥陀仏 弥陀 南無阿弥陀仏 念仏踊りを 踊ろよ

    天竺の 天の河原の 星の数 読んでも書いても 心尽きせぬ
    南無阿弥陀仏 弥陀 南無阿弥陀仏 念仏踊りを 踊ろよ
                      念仏踊り(鹿持雅澄「巷謡編」)

 

 市の庭場で活躍する聖の商人たちは、様々な幻想を市の大衆に振りまいていた。その諸芸能の披露、諸変化の提示の巧みさは、彼らが熊野修験や高野聖、白山や大山の山伏、また興福寺東大寺の大衆、伊勢・日吉・大山崎の神人(じにん)、賀茂の供祭人(ぐさいにん)など、神仏と深く関わる出自であったからである。
 隠岐島前、浦郷の日吉神社についても同様である。その昔、ここは山王権現といわれ、近江国日吉山王社から勧請された分社であった。隠岐国に遷し祀られたのは、海を渡り来た日吉神人たちの活躍による。彼らによる中世期の通運、日本海を介する物資交流の所以であった。